花み屋のリアルとフィクション

花を観察している大学院生のフリースペース

大学からの注意喚起メールが意味をなしていない、と感じた件

 自動車を所有している人は誰しもが知っていると思うが、任意保険において、10代・20代前半の若者を保障対象とすると保険金額が跳ね上がる。この理由は至って簡単で、運転に関する技術・経験不足による事故率が高いからである。すなわち、10代・20代前半の若者がうじゃうじゃしている大学構内・近辺は、危険運転が多発する地域である。

 そんな大学近辺で、先日、学生同士の交通事故が発生し、一方の学生が亡くなってしまうという痛ましい事故が起きた。ネットニュースによる情報*1を見れば、優先道路を走行していた自動車と側道から出てきた原付バイクが出会い頭に衝突し、原付バイクの方の学生が亡くなった、というものである。やるせなさばかりが残る。

 この事故に関して、私は何かを言える立場にない。私がこの記事で触れたいのは、この事故に関して大学側が発した注意喚起のメールについてである。上記の事故が起きた約2週間後に、全学生の元に以下のようなメールが届いた。

 【タイトル】
[重要] 【注意喚起】交通事故の防止について
【本文】
学生 各位


令和元年5月23日、元岡校区で自動車とバイクの接触による、重篤な人身事故が発生しました。

交通ルールや交通マナーを無視した運転は、重篤な事故へと繋がります。
学生諸君は、常日頃から交通ルール等を遵守し、命を大切にすることを心掛けてください。

また、皆さん一人一人が◼️大生であるという自覚を再認識したうえで、更なる安全運転を心がけてください。

 どのような印象を抱くだろうか。上記の事故の内容を知らなかったら、「ああ、誰か事故ったんだな」とさほど気にとめない内容ではなかろうか。上記の事故の内容とメールに書かれている内容に大きな矛盾があるわけではないのだが、このメールには「重篤な人身事故」の内容が書かれていない。そのため、このメールを読んだところで、何に気をつければ防げた事故だったのか、今後、私たちが何に気をつければ良いのか、という具体的なことが何も分からない。果たして、このメールは学生への注意喚起として役に立っているのだろうか。

 交通事故に関する注意喚起そのものは、とても重要である。なぜなら、世の中で日常的に起きている交通事故を防ぐために、各個人ができることは、様々な場合に起こりえる事故を事前に知り、予測しておくことくらいだからだ。事故の予測を事前にしておくと、現実に自分がその状況を前にした時に、どのような事故の可能性があるかをすぐに思い出して、事故を未然に防ぐ行動をとることが可能になる。自動車免許を持っている人は、教習所の事故シミュレーションで、右折トラックの後方にいた直進車に気づかず、その車と右折する自分が衝突してしまう事故や、渋滞している反対車線の車の隙間から歩行者が飛び出してくる事故などを経験している。免許取得中は、あんなシミュレーションが何の役に立つものか、と感じたかもしれないが、実際に運転してみると、そこでシミュレーションされた状況は山ほど経験するし、それが元となる事故がそこら中で起きていることを知る。そして、その状況を警戒しながら運転することで、事故を未然に防ぐことができる。つまり、こういったシミュレーションは、バカにできないほどの事故防止力を持つのである。

 では、身近なところで、どのタイミングでシミュレーションができるのか。第一に、もっとも簡単な方法として、日常生活の至る所で可能性を検討していく方法が挙げられる。側道から飛び出してくる車がいるかもしれないから減速しよう、ここは横断歩道がないけど、渡る歩行者が多いから、歩行者が立っていたら減速しよう、と予測していく。第二に、身近に起きたケースを知り、自分の場合に当てはめて考える方法である。できれば聞きたくないものだが、どこどこで誰かが追突されたらしい、小学生が飛び出してきたらしい、といった情報を元に、自分だったらどうできたか、と考えていく。楽しくはないが、実際に起きている事故なので、それを元にシミュレーションすることで、より起こりうる状況をシミュレーションできることになる。

 この2点目が、大学から交通事故に関する注意喚起メールを送ることの意味ではないだろうか。「君たち学生の間で〜〜〜という事故があったよ。気をつけてね」といった趣旨の内容を周知することで、学生たちに自身の運転を見直してもらい、大学構内・近辺の事故の元となる危険運転を減らしていくことが目的だと思う。そう考えると、上記の注意喚起メールは「注意喚起」の役割を果たしていないように感じる。

 おそらく、私が知らない大学・当事者側などの事情は沢山あると思う。しかし、それにしても、もう少し具体的に書ける内容がなかったのだろうかと感じてしまう。メールに書かれている「常日頃から交通ルール等を遵守し、命を大切にすること」は、多少の危険運転をする学生らを含めて誰しもが知っていることである。今更、交通事故に関する注意喚起メールで触れられ、「心掛けてください」と言われたたところで、気を引き締めるきっかけにはならない。私たちは、具体的な場所や状況を具体的に知らされることで、他人事ではなく、身近で自分の身にも起こりうる事として捉えることができる。このことを、このメールを作成した or 作成指示をした方々に知ってほしい。

肩こりがきつい歳になった

 両腕をピンと頭上に伸ばし、後ろに向けてゆっくりと降ろす。すると、左の肩甲骨のあたりから、ボゴッボゴボゴッと強烈な音が響く。その音を聞いた人は、ほとんど同じことを言う。

「大丈夫ですか?」

 私が聞きたい。私の肩は大丈夫なのか。

 音の原因は、ズバリ、「肩こり」である。首から肩、肩から肩甲骨の下にかけて柔軟性の欠片もない鉄板が広がっている。痛みと苦しみを引き起こす鉄板である。その鉄板を変形させて、苦しみを少しでも緩和させるため、ここ最近はしょっちゅう腕や肩を回し、ボゴボゴッという音で近くの人を驚かせている。

 しかし、いつまでも周りの人を驚かせ続けるわけにもいかないし、私自身もこの鉄板を担いでずっと生活するのは嫌だし、どうにかこの肩こりを改善したい。そこで、まずは肩こりについて知ろうと思った。早速、定義を調べてみると、簡潔な答えが見つかった。

「肩こりの明確な定義はない (森本 2010)」

 そうなのか。

 森本 (2010)の総説によれば、肩こりは病名ではなく、症状名であり、本人が後頭部から首、肩、背中にかけての筋肉の緊張を中心とする不快感、違和感、鈍痛などを感じる症状を「肩こり」と呼ぶ。肩こりは、その原因により、本態性、症候性、心因性の3つに分類できる。1つめの本態性肩こりは、姿勢の悪さや運動不足、寒さなどが原因として挙げられている。2つめの症候性肩こりは、関節や筋肉の機能障害により、物理的に動かしにくくなったり、血行不順が引き起こされたりすることで、生じるものである。3つめの心因性肩こりは、うつ病パニック障害などで筋肉の緊張状態が続くことが原因と考えられている。

 さて、私の場合、幸いにして、四肢に異常はなく、能天気な性格であるから、症候性と心因性の肩こりとは考えにくい。そうすると、私の肩こりは本態性で、姿勢の悪さ、運動不足、寒さなどが原因と考えられる。私の生活リズム、今の季節を考慮すると、運動不足、寒さが原因とは考えにくい。つまりは、姿勢の悪さが一番の原因と考えられる。

 ここで、姿勢の悪さと言われて、思い当たる節はたくさんある。例えば、私の身体は、両肩の高さや両足の筋肉のつき方が左右で異なる。これを今までは、人間誰だって左右の使い方の癖が1つ2つあるのだから自然なこと、と気にしないでいたが、これは姿勢が悪い証拠とも言える。さらに、もっと直接的な証拠としては、整骨・整体院の方々に、通院するたび必ずと言っていいほど、骨盤と背骨が歪んでいますよ、と言われてきた経験がある。

どうやら私の肩こりは、姿勢の悪さによるところが大きい。肩こりを改善するため、当面の私の目標は、姿勢改善となりそうだ。

 

 森本昌宏. (2010). < 総説> 肩こりの臨床--適切な診断と治療のために. 近畿大学医学雑誌, 35(3-4), 151-156.

 

結婚改姓の煩わしさ⑤

現状の改姓手続きは見直されるべきである

 ほとんどの人は結婚を人生に一度しか経験しない。さらに、改姓手続きは、その結婚した2人のうち、1人しか経験しない。つまり、改姓手続きは、他の行政手続きに対して、人々が経験する回数も人数も少ないため、その煩わしさを訴え、簡略化する動きが少ないのだと思う。しかし、結婚を決断する人の多くは、日本社会を動かす労働力としてかけがえのない若者で、現在の改姓手続きは、その若者の時間と金を奪っているのが現状だ。

 改姓手続きは簡易化できないのか、そもそも改姓が必要なのか。この現状は、見直される必要があるだろう。

 

①はじめに

②改姓手続きとは

③直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

④消えていく時間とお金

⑤現状の改姓手続きは見直されるべきである

結婚改姓の煩わしさ④

消えていく時間とお金

 仮に、11つの窓口を訪れるのに、それぞれ往復30分かかったと考えよう。また、これらの窓口は他の方々も訪れているので、必ず待ち時間が生じる。その待ち時間に加え、事務の方々の作業時間がある。それらのため、各窓口に平均15分滞在したとする。そうすると、全部の機関に滞在した時間は、11 x ( 30 + 15 ) = 495 分 = 8時間15分。

 さらに、その機関を直接訪れなくてはいけない機関であれ、そうでない機関であれ、記入が必要な書類は1枚とは限らない。むしろ、1枚で済むことの方が稀かもしれない。それぞれで書類全てを記入するのに平均10分かかったとしよう。そうすると、記入に必要な時間は、16 x 10 = 160 分 = 2時間40分。そうすると、全部で記入時間は、8時間15分 + 2時間40分= 10時間55分。ほぼ半日。

 半日もあったら何ができただろう。本を読むことも、プログラミングを書くことも、近場の調査地に出かけることも、実験を進めることも、休むこともできた。

 では、実際にかかったお金はどれくらいなのだろうか。改姓手続きにかかった必要経費は以下の通りである。

・窓口へ行く交通費 x 11件

・住民票の写しの発行手数料 x 3枚程度

・パスポートの発行手数料 x 1つ

・新姓の認印購入費 x 2つ

・新姓の銀行印購入費 x 1つ

 先ほどの11個の窓口に行くのに往復で平均500円かかったとすると、交通費で5,500円。住民票の写し3枚の発行に3 x 300 = 900円、パスポートの切り替えに約4,000円、出来合いのものが売っていない苗字なので新しく印鑑を3つ注文することで5,000円。これらを合計すると15,400円。1ヶ月の水道光熱費が払える金額である。

 10時間55分と15,400円。必要な時間と経費だったとはいえ、改姓をしなければ、必要なかったものである。そう思うと、結婚してウキウキな気持ちも吹き飛んでしまった。

 

①はじめに

②改姓手続きとは

③直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

④消えていく時間とお金

⑤現状の改姓手続きは見直されるべきである

結婚改姓の煩わしさ②

改姓手続きとは 

 改姓手続きと聞いて何を思い浮かべるだろうか。ここで、市区役所で婚姻届を提出すること、と考えた人は改姓したことがない人だろう。改姓手続きは、市区役所で婚姻届を提出し、住民票の氏名の姓を変えるだけでは終わらない。自身の氏名が登録されている全ての機関に連絡を取り、書類を書き、変更の手続きをしてもらうことまで終えて、はじめて改姓手続きが終わったと言える。

 では、一体いくつの機関に連絡を取る必要があるのだろうか。筆者が改姓手続きを依頼した機関は以下の通りである。

・区役所(戸籍・住民票・マイナンバーカードの改姓)

・銀行2件(口座名義の変更)

・警察署(免許記載事項の変更)

・大学の所属学府の事務(在籍登録名・学生証の改姓)

・大学の所属研究室の事務(登録口座の改姓)

・大学の所属プログラムの事務(登録口座の改姓)

・大学の奨学金係(奨学金の貸与者の改姓)

大学生協(登録名義の変更)

学生総合共済(登録名義の変更)

・クレジットカード会社2社(カード名義の変更)

・年金機構(夫の勤め先事務に委託)

・健康保険(父・夫の勤め先事務に委託)

・パスポートセンター(パスポートの改姓)

自動二輪売店自動二輪自賠責保険の名義変更)

・保険会社(自動二輪の任意保険の名義変更)

・携帯会社(携帯の名義変更)

 全部で18の窓口と連絡をとった。私の場合は、入籍とともに引っ越したので必要なかったが、人によっては、水道局や電力会社、ガス会社、賃貸マンションの管理会社にも連絡を取らねばならないだろう。これら全てに連絡を取り、訪れ、書類を書き、改姓手続きを終えるのはなかなか大変である。しかし、結婚をして改姓をする人には必ず必要な作業なのである。これらを怠れば、日々の生活や仕事に様々な支障が生じる。そのため、婚姻届を提出したら、そこから迅速に済ます必要がある。

 

①はじめに

②改姓手続きとは

③直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

④消えていく時間とお金

⑤現状の改姓手続きは見直されるべきである

結婚改姓の煩わしさ③

直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

 上述の通り、改姓手続きで連絡を取るべき機関が多いのが大きな問題である。ただ、その訪れるべき機関の一覧を見たところで、あまり実感がわかないであろうから、実際にどれほどの時間と金が費やされるか計算してみよう。

 まず、改姓手続きで連絡を取る機関は、その機関を直接訪れなくてはいけない機関と、そうでなくネットか電話である程度済ませられる機関に大別できる。ここで、父・夫の勤め先事務に委託した年金機構と健康保険については省く。

 その機関を直接訪れる必要がある機関:11件

・区役所(戸籍・住民票・マイナンバーカードの改姓)

・銀行2件(口座名義の変更)

・警察署(免許記載事項の変更)

・大学の所属学府の事務(在籍登録名・学生証の改姓)

・大学の所属研究室の事務(登録口座の改姓)

・大学の所属プログラムの事務(登録口座の改姓)

・大学の奨学金係(奨学金の貸与者の改姓)

大学生協(登録名義の変更)

・パスポートセンター(パスポートの改姓)

・携帯会社(携帯の名義変更)

 ネットか電話である程度済ませられる機関:5件

学生総合共済(登録名義の変更)

・クレジットカード会社2社(カード名義の変更)

自動二輪売店自動二輪自賠責保険の名義変更)

・保険会社(自動二輪の任意保険の名義変更)

  あらら?これだけネットが発展している日本社会なのに、ネット上で手続きができるのはわずか4件にとどまっているのね〜。

 なんて皮肉はさておき、実際にどれほどの時間とお金がかかっているか見てみよう。

 

①はじめに

②改姓手続きとは

③直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

④消えていく時間とお金

⑤現状の改姓手続きは見直されるべきである

結婚改姓の煩わしさ①

 結婚して数ヶ月の間、とても腹が立つ出来事が続いた。めでたく結婚して、とても幸せなはずなのに、イライラした時間がとても多かった。あっという間に、時間も金も消えていった。最終的には、結婚なんぞしなければ良かった、とさえ考えた。

 そんなことを考えさせた原因は、結婚に伴う改姓手続きである。改姓手続きなんぞ、単に姓を変えるだけではないか、何が難しいものか、と思うかもしれない。そう思う人のために、この文章を書いている。ぜひ改姓手続きの煩わしさについて知ってほしい。おそらく現代の日本社会において、これほど煩わしい手続きは、他に存在しない。

 

①はじめに

②改姓手続きとは

③直接訪れなくてはいけない窓口が圧倒的に多い

④消えていく時間とお金

⑤現状の改姓手続きは見直されるべきである