花み屋のリアルとフィクション

花を観察している大学院生のフリースペース

2018-02-17から1日間の記事一覧

とある農民の物語(前半)

一人の老人がある宿で話し始めた。 「私は北の方から来た。農家の次男として生まれ、五十年間畑を耕してきた。子供の頃から何か特別なことができたわけでもないし、今、このときまでに特別な経験をしたわけでもない。だから、これから私が話すことは何の意味…