花み屋のリアルとフィクション

花を観察している大学院生のフリースペース

名作と呼ばれる物語①

 物語を語る側は目的を持っている。その目的は、観客を楽しませることであったり、彼らに何かを考えさせることであったり、その両方であったりする。ただ、楽しませることと考えさせることを同時に成功さ

せることはとても難しい。なぜなら、楽しませる要素が強ければただの娯楽、考えさせる要素が強ければただの説教になってしまうからである。とはいえ、世の中にはそれら2つの目的を成功させた物語が存在する。"GATTACA(ガタカ)"は、それら2つの目的を成功させた物語だと私は考えている。

 "GATTACA(ガタカ)"は、現代よりも遺伝子操作/検査技術が発展した近未来を舞台とした物語である。その近未来社会では、遺伝子操作/検査技術により、体外受精による赤ん坊の選抜や個人のDNA情報の流出が日常的に起きている。すぐに想像がつくと思うが、この物語が観客に考えさせようとしている事柄は遺伝子操作/検査技術の使い方である。一方で、観客を楽しませるのは、その近未来社会における人々の人間臭さである。この物語では、家族内の確執、友情、愛情、能力の有無によるコンプレックス、仕事の遂行に追い詰められる気持ち、果てしなく高い目標への憧れなど様々な感情が緻密に描かれる。物語の登場人物1人1人が何かしらの思いを抱えており、観客はその登場人物の少なくとも誰か1人には感情移入できるだろう。このような、物語の舞台となる近未来社会の設定だけでなく、登場人物の人間関係・心情変化が非常に自然に描かれ、緻密に練られている点が"GATTACA(ガタカ)"の最大の魅力である。

 "GATTACA(ガタカ)"は1997年に公開されたアメリカSF映画である。そして、2011年には、NASAによる「もっとも現実的なSF映画ランキング」で第1位に輝いた映画である。この映画は、遺伝子操作/検査技術に関する知識が皆無でも楽しめる。それと同時に、遺伝子操作/検査技術に関する知識があると、その緻密に現実的に練られた設定に感心できる面白さがある。最近の映画ではないが、気になる人にはぜひ観てほしい。また、遺伝子を扱う研究に携わる人に観てほしい映画でもある。(ちなみに、Wikipediaのストーリー欄にはさらりと結末まで書いてあるので、観る気がある人は読まないでほしい。。。)

 

 

 

 修論提出が迫り、こんなことを書いている場合ではないのだけれど、違う文章を書くと心が落ち着く。。。